黒柴りゅうの散歩道

日本各地の旅の記録(重伝建と一宮そして100名城)

82 続・家族に乾杯と伝建地区

1 「井伊直虎」の寺「龍潭寺
 豊田市とはいうものの、足助地区は信州寄りの山中にあり、長らく訪れにくい場所でしたが、浜松の「龍潭寺」へ訪れた帰りに思い切って立ち寄りました。
 井伊家の菩提寺大河ドラマ井伊直虎」ゆかりの古刹です。東海一の名園とも言われる小堀遠州作の美しい庭園も見事でした。

2 伝統的建造物群保存地区豊田市足助」
 家族に乾杯で豊田市足助の回もよく覚えています。最初は「あすけ」の読み方が分からず、何県にあるのかも不明でしたが、奥三河で足助宿として栄えた愛知県東加茂郡足助町が、平成17年に豊田市編入されていました。
 この時のゲストは近藤正臣さん、歴史ファンとしては大河ドラマで何度も登場されているので、親しみを感じる俳優さんです。中でも子ども時代の記憶が一番強く、国盗り物語での明智光秀役が強く印象に残ります。二人は「足助川」のほとりでの待ち合わせでしたが、近くには香嵐渓もあり、歴史と自然の調和した町です。

3 人気の観光スポット「マンリン小路」
 鶴瓶さんが出会いを求めて歩いていると、「マンリン書店」の女将さんに出会います。店の奥にはカフェと土蔵があり、その横の路地は「マンリン小路」と呼ばれ、人気の観光スポットだと分かりました。
 鶴瓶さんがカフェでコーヒーを頂きながら、女将さんに『近藤正臣も絶対ここ来るわ』と話していたちょうどその時、マンリン小路が気になり通りかかった近藤さんが、店内を覗き鶴瓶さんとバッタリ再会、とても記憶に残るシーンでした。

         マンリン書店(全建協HPより)とマンリン小路

   太田家住宅(三嶋館)    莨屋塩座前の町並   井筒亀(季節料理)前の町並